So-net無料ブログ作成

聴覚障害者、高齢者ら向けの火災警報設備の普及で初会合―消防庁(医療介護CBニュース)

 聴覚障害者らに向けた音以外の手段による火災警報設備の普及を目指し、総務省消防庁は6月11日、「聴覚障がい者に対応した火災警報設備等のあり方に関する検討会」(座長=野村歡・国際医療福祉大大学院教授)の初会合を開いた。行政機関や消防機関の担当者、学識経験者、障害者団体の関係者らを交えて、警報の伝達手段に関する情報を整理し、設備の効果的な使用法などを議論する。年度内に4回の会合を開き、報告書を取りまとめる方針。

【複数の写真が入った記事】


 初めにあいさつした野村座長は、身体障害者手帳の交付を受ける聴力70デシベル以上の聴覚障害者が国内に約45万人いるとのデータを紹介した上で、基準値を諸外国並みの聴力40デシベル以上にすると、660万人に上ると指摘。高齢で聴力に障害のある人もいるため、幅広い人に役立つ設備の検討を進める考えを示した。

 初会合では、事務局が火災警報設備の現状について説明。国内では音に関する基準のみが示されている一方で、諸外国の法律や指針では、光や振動に関する基準も規定されているとした。また、有野隆則委員(日本火災報知機工業会システム企画委員会副委員長)は、光や振動、文字情報などを用いた火災警報システムを紹介。現在の設備に光の警報装置などを付加するタイプのものや、腕時計型やポケットベル型の受信機に文字が表示されるものなどを示した。

 その後の意見交換では、竹中ナミ委員(社会福祉法人プロップ・ステーション理事長)が、諸外国で光などによる警報の規定があることから、「音と光がセットになっている設備を基準にすべき」と指摘。また、中園秀喜委員(NPO法人ベターコミュニケーション研究会情報バリアフリーアドバイザー)は、「各社がそれぞれつくっているものを標準化すれば、価格が下がるのではないか」と述べ、メーカー間で異なる規格の統一によって火災警報設備の普及を促進すべきと強調した。


【関連記事】
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁
防火設備の補助対象を拡大、グループホーム火災受け―厚労省
小規模福祉施設のスプリンクラー、7割超が未設置―消防庁
住宅火災死者、6割超が高齢者―消防庁
認知症GHのスプリンクラー、6割が未設置―厚労省

交通事故 ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
<全精社協補助金流用>元副会長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
名古屋市議会 市長のPR力に対抗? パネルお目見え(毎日新聞)
枝野幹事長固まる=少子化担当相に蓮舫氏内定―菅新政権(時事通信)


2010-06-12 02:39  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 2

TIGER

navitime.me/ent/osg8jbb/
欲求不満女ども相手に一週間ヤりまくったら
30万貯まっててワラタww

ヤり目的だったけどこんなに貯金増えるとかウマ過ぎだろjk
by TIGER (2010-07-16 09:11) 

なかあき

ちょっと女の言いなりになるだけで
3万とか5万とか貰えるだから、最強だろれww
http://ACmAHSJFMS.com/115/1a62zs4
by なかあき (2010-11-08 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。